浴室のリフォーム

浴室を、お手頃価格で最新のユニットバスに交換!
お風呂のリフォームは、換気や乾燥などにより、
家全体の室内環境の改善につながります。

ご相談・お問合せ 0120-337-313
リフォーム
リフォーム

ホーム > リフォーム > 浴室のリフォーム

浴室のリフォーム

浴室のリフォーム

古く痛んだ浴室を、最新のユニットバスに交換すると、お風呂がますます楽しみに!
お風呂のリフォームは、住宅の耐久性を向上させ、換気や乾燥などにより、家全体の室内環境の改善にもつながります。

痛みやすい浴室を造り替える

戸建住宅の中で、水回りは劣化が進みやすい部分ですが、なかでも痛みやすいのが浴室です。

壁や天井が、塗り壁やタイル・板張りでつくられた在来工法の浴室では、長年の使用で仕上げ材のすき間から水が壁や床などの内部に侵入し、建物の柱や土台を痛めているケースが少なくありません。

間取りの都合で北側にあることが多い浴室は、濡れた部材が乾燥しにくい部分でもあります。そのため浴室をリフォームする際には、仕上げ材や浴槽、給湯器の交換だけではなく、建物の耐震性・耐久性に関わる構造材の点検も行いたいものです。

ユニットバスのメリット

近年、ユニットバスが新築やリフォームでの浴室づくりの主流になったのには、以下のような多くの要因があります。

  • 水漏れが起こりにくく、建物の柱や土台を痛めない
  • 耐熱性が高く冬の寒さが和らぐ
  • 掃除などの手入れがしやすい
  • 工期が短い

ユニットバスの浴槽や床、壁、天井の素材は、プラスチックにガラス繊維を混ぜ補強したFRP素材が殆どです。

最近では、風合いのよい人工大理石浴槽をえらぶこともでき、壁の色柄や質感も豊富です。また、断熱性を高めてお湯を冷めにくくした断熱浴槽もえらべます。
床は滑りにくい仕上げで、かつ水切れがよく、脱衣所からの段差も殆どなくなっています。それでも、浴室リフォームでは人工的な新建材の壁や天井では、画一的で風情がないと思うときにもちいられるのが、浴槽と洗い場のみがユニットになった、ハーフユニットバスリフォームです。
腰壁から下の防水工事が不要で水漏れの心配が少なく、天井や壁は、タイルや石張り、板張りなど自由に仕上げられるリフォームです。

お問合せから工事完了までの流れ

お問合せから工事完了までの流れ
お問合せ・お見積り依頼 お問合せ
東北ホームテックが考えるリフォームとは?
お客様の声
よくあるご質問
仙台の施工実績
仙台市宮城野区の会社

宮城県仙台市宮城野区五輪2-12-3
フリーダイヤル 0120-337-313

会社概要

水まわり、内装、外装等、リフォームのことなら何でもおまかせください。

ブログ
コラム