トイレのリフォーム

生活で欠かせないトイレのリフォーム。
スペースの取り方や将来を見越した使い勝手、仕上げ材選び、収納等を考慮したリフォームを行います。

ご相談・お問合せ 0120-337-313
リフォーム
リフォーム

ホーム > リフォーム > トイレのリフォーム

トイレのリフォーム

トイレのリフォーム

人が生活する場には絶対に欠かせないトイレ。
小さな空間ながら、機器の交換にはじまり、スペースの取り方や将来を見越した使い勝手、仕上げ材選び、収納など、リフォームで考えるべきことは少なくありません。

進化を続けるトイレ機器

暖房便座やシャワートイレは一般化していますが、さらに新しい機能が付いた製品が、次々に開発されています。

洗浄とシャワートイレの操作を壁リモコンで行う方式や、脱臭機能の付いたトイレ、センサーで自動開閉するフタや便座、利用者が便器を離れると自動洗浄されるもの、そして、洗浄タンクがなくすっきりしたデザインのタンクレス便器もでてきました。

省エネ性も追及され、従来の半分程度の水で便器洗浄が可能な、超節水タイプが登場しています。

また手入れのしやすさも重視され、陶器表面の開発で汚れが付きにくく落ちやすくなり、便器全体の凹凸がなくなりほこりをためにくい形状になるなど、改良が進んでいます。

リフォームでの使用に配慮し、設備・建築工事が最小限で済むように、既存給排水管の移設をせずに設置できる便器も、各社から販売されています。また、便器自体の大きさも、コンパクトになりトイレの狭さ解消に役立ちます。

バリアフリーのリフォーム

お年寄りの住まいに限らず、トイレは体調を崩した時でも利用しいわけにはいかない場所ですので、バリアフリーのリフォームは欠かせません。

出入り口は、開け閉めと体の移動に無理のない引戸が適しています。間取り上難しい場合は、引き込み戸を用います。手摺は便座から立ち上ったり、体の向きを変える時の助けになる位置に設けます。当面設置しない場合でも位置を想定し、壁の補強をしておくとよいでしょう。将来介助が必要になったり、車いすを想定してスペースを広げることもリフォームで検討したいものです。

リフォーム・ワンポイントアドバイス リフォーム・ワンポイントアドバイス

トイレのリフォームでは、ペーパーなどのストック品や掃除用具などを、効率よくしまえる収納が必要です。

手洗い器と合わせてキャビネットを設ける、吊戸棚を設置する、壁に埋め込むなどの方法があります。奥行きの浅いちょっとした棚板を一枚壁に設置すると、一輪挿しや小さな置物、本などが置けて、トイレの空間が和みます。

お問合せから工事完了までの流れ

お問合せから工事完了までの流れ
お問合せ・お見積り依頼 お問合せ
東北ホームテックが考えるリフォームとは?
お客様の声
よくあるご質問
仙台の施工実績
仙台市宮城野区の会社

宮城県仙台市宮城野区五輪2-12-3
フリーダイヤル 0120-337-313

会社概要

水まわり、内装、外装等、リフォームのことなら何でもおまかせください。

ブログ
コラム